PChome Online About PChome
 
中文 EN 日本語

沿革 Major Events

2018
08

05

03

2017
03

PChomeとSkype創業者等との協力により、AI言語学習「Lingvist」を発表。
AI、ビッグデータの活用とパーソナル学習により、200時間で英語習得を可能にする。

2016
11

PChomeショッピングが「チャージ」サービスを開始。
800万の会員にスピーディーな決済体験を提供。

10

PChomeグループ傘下のPChome Interpayが本格的に開業すると共に、台湾最大のEコマースサイト露天オークションの会員に、インターネット決済サービスを開始。

PChome Thaiがタイにおける電子決済免許の審査通過を発表。
台湾のEコマース企業としては初めて、タイにおける電子決済業務の運営を許可される。

03

PChome Interpayが電子決済機構業務専門営業免許を取得。

01

PChome Interpayが電子決済機構業務専門営業許可を取得。

2015
01

PChomeが、経理人月刊による2015影響力ブランド「年度大賞」及び「Eコマースプラットフォーム類首奨」を受賞。

2014
05

PChome24hショッピングが、天下雑誌による「金牌服務大賞-ネットショッピングセンター類金賞」を受賞。

04

PChomeUSA C2C Eコマースプラットフォームを開始。
在米華人に簡単で使いやすいウェブショッ開店プラットフォームを提供。

02

連科通訊が「PChomeTalk」を開発、世界初のSkype専用Android端末を発表。

2013
12

PChomeが経済部第2回潜力中堅企業、重点輔導対象に選ばれる。

「台北市6小時到貨」サービスを開始。(現在は試験運用であり、週末や休日も通常出荷を行うが、送付先は台北市に限定。)

11

PChomePayがクレジットカード決済代行サービスの取引安全基準を全面的にグレードアップ。
クレジットカードの国際ブランド各社が要求するPCI-DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)サービスサプライヤーの等級認証を通過。

07

PChome商店街において「個人売場」サービスを開始。

03

PChomePayによる第三者支払いクレジットカード決済代行サービスが開始。
露天オークションへの出品者は直接クレジットカード決済サービスを使用可能となる。

2012
11

経済部第12回金網奨-プラットフォーム奨-ショッピングモール類金質奨

10

経済部第2回国家産業創新奨-組織類-卓越創新企業奨

06

数位時代による「科技100強」において37位にランクされる。

05

天下雑誌の評価により、サービス業500社中105位にランクされる。

04

PChomeUSがサービス開始、北米地区の華人にネットショッピングサービスを提供。 

02

PChome Globalが英語版サイトを設置。

2011
07

PChome24hショッピングが天下雑誌による「金牌服務大賞」のインターネットショッピングセンターにおいて第1位を獲得。

06

PChomeが数位時代雑誌による「2011年台湾科技100強」において73位、「情報サービス類」において1位を獲得。

03

PChome & SkypeサービスをPChomeから子会社である連科通通訊股份有限公司に経営移転。

01

PChome Globalが「Alipay」による決済を開始。

2010
12

PChome24hショッピングが第11回金手指網路奨の「ウェブサイトサービス類 メディア及びサービスサイト別」においてEコマース類型金獎と年度最優秀メディア及びサービスサイト奨を受賞。

11

PChome24hショッピングが経済部の「第三回台湾商業服務業優良品牌」を獲得。

08

これまでで最もリアルな台湾株式の取引であるOnline Game PChome仮想株式取引所を開始。

07

PChome24hショッピングが業界に先駆け「クレジットカード着払い」サービスを採用する。

台湾Eコマースのトップが国際化へ。PChome Globalを本格的に運営開始。

06

PChome Onlineショッピングが10周年を迎える。

04

PChome商店街が、親会社である網路家庭より独立し「商店街市集国際資訊股份有限公司」を設立。

2009
12

PChome相簿地図コミュニティサービスが、第10回金手指網站においてメディア及びサービスサイト別-コミュニティ類型金奨を受賞。

11

PChome開店事業部の副総である蘇芸が、2009「第九回e21金網奨— 創新達人」にノミネートされる。

PChome24hショッピングが、「第九回e21金網奨-大金網優質奨」を受賞。

10

PChome24hショッピングの「快速供貨流程管理系統」が、2009年電子化成就奨の特優奨を受賞。

2008
11

PChome24hショッピングが、2008年経済部産業製程/流程創新奨を受賞。

08

PChome24hショッピングが「着払い」サービスの提供を開始。

05

PChome24hショッピングの商品が、露天オークションにも同時に発売される。

PChome24時間専用エリアサービスを台湾全島に普及。

04

PChome Onlineと五大不動産会社、信義房屋・住商不動産・太平洋房屋・中信房屋・21世紀不動産と共同出資し「Rakuya」を設立、不動産取引分野のEコマースに参入。

2007
10

PChome24hショッピングが、1か月の営業収入1億台湾ドルを達成。オンラインショッピングの新たな時代を切り開く。

04

PChome OnlineがSales2.0分紅網を開始。

01

PChome Onlineショッピングが、世界初となる24時間専用エリアオンラインショッピングサービスを開始。Eコマースの新たなモデルを構築。

2006
06

PChome OnlineとeBayが共同出資し、ネットオークション企業‐露天オークションを設立。

PChome OnlineがWeb2.0の大型実験計画を展開。「Potal2.0」の6項目のサービスについて公開テストを実施。

2005
11

PChome Onlineショッピングが No.1を獲得、「e-21金網奨」において1位である金質奨を獲得。

10

新たなオンラインショッピングモールであるPChome商店街が正式に開始。

PChome Onlineショッピングが、台湾で初めて政府公認「レシート電子化」を正式に開始。

07

「PChome無限相簿空間」を本格的に開始。

04

PChome Onlineとグーグルが協力して検索サービスを開始。

03

PChome書店が本格的に販売開始、ネットによる書籍購入で送料無料。

PChome Onlineショッピングが購入者300万人を達成、1日の注文数が1万件を超える。

01

PChome Onlineが「網家」コード8044で株式市場上場。

PChome Onlineが株式購入権の公開抽選実施。当選率は2.24%。

2004
07

PChomeと世界的著名電話ソフトウェア企業Skypeが協力を宣言。
インターネット電話ソフトウェアPChome & Skypeが3か月で100万ダウンロードに達する。

2003
01

ニュースレター個人会員数が100万人を突破、ePaperニュースレターの総発行部数が1000万部を超える。

2002
10

PChome Onlineは5月より、速博Sparqに提携し、無料インターネット接続サービスを開始。PChome Onlineは台湾国内で、最も多くの無料接続手段を持つ最初のポータルサイトとなる。

01

PChome Online株式チャンネルが、他に先駆け「興櫃股票即時報価系統服務(新規公開株価リアルタイム提供サービス)」を開始。
台湾国内において、新規公開株式の値動きを提供する唯一のポータルサイトとなる。

2000
07

数位時代雑誌が発表した「中国語ウェブサイト100強」において、PChome Onlineが台湾最大のウェブサイト及び中国語圏第3のウェブサイトに選ばれる。

05

PChome Onlineの名称を正式に『網路家庭』に変更。

01

todoポータルサイトの無料メールサービスの会員数が100万人の大台を突破。

PChome Onlineの会員数が180万人を突破。
同時に、傘下すべてのウェブサイトを三つの事業体に分け、PChome Onlineのブランドを統一して使用。

1999
10

PChome Onlineと中国時報が第1回となるネット広告賞『1999 Click ! 金手指網路広告奨』を共同主催、台湾のネット広告を促進させる。

05

『ePaper電子報聯盟』を本格的に成立。

todoポータルサイトが中国語圏初のインターネット無料ハードディスク「Web HD」サービスを発表。

1998
10

PChome Onlineが『todoポータルサイト』の設立を本格的に発表、ポータルサイト業務に参入。

07

会社設立、董事長詹宏志氏、総経理李宏麟氏、資本金は1,450万元。

 

Go Top